ひきこもりの散歩日和

中学校不登校。 長期ひきこもりのブログ。

精神科に行きました。

精神科に行きました。

 

精神科に行こうと思い立ってすぐに行けたのではなく「人に会いたくない」「行ってどうなるのだろう」といった不安が大きく、悩みに悩んで結局精神科に行くことができたのは何か月も経ってからでした。

電話は苦手なので電話予約を必要とせずに受け付けてくれる病院を選びました。

 

まず受付で保険証を渡して初めてであることを伝えると問診票を渡されたので記入。内容は食欲や睡眠、気分など10項目程度。

 

伝えようと思っていたことを事前にメモしていたので、待ち時間の間に忘れないように予習。

私の後すぐに初診の人が2人入ってきて、受付の人が1人目に1時間程度かかる、2人目には時間がかかるから時間を潰してきて下さいということを伝えていました。

 


しばらくして名前を呼ばれ入室。

中に入ると一般的な病院のように看護師はおらず、医師と二人きり。

医師とは机は挟まず対面する形で距離は1mくらい。

 

まず社交不安障害的なことを伝えると「そっちか!」と声を出し少し驚いた様子でした。

精神科なのにそういう症状は珍しいのか想定していなかったのかと私の方も少し驚きというか不安というか。

 

ひきこもりであることを切り出すタイミングが難しくなりそうだったので早い段階で長期のひきこもりであることを伝えると、ひきこもりに関する話が中心になり色々質問をされました。
質問の内容は、ひきこもるきっかけ、学校のこと、家族のこと、趣味、普段何をしているか、今まで何をしていたか、今やりたいこと、自殺をしようとしたことはあるかなど。具体的な症状についてはほとんど尋ねられることはなかった感じでした。

 

診察時間は1時間程度。後が詰まっているので途中で切り上げた感じでした。

診断の結果はうつ病

 

最後に「必ず治ります」と伝えられ、受付でお金を支払い、診察券と処方箋を受け取って終了。

帰りにお薬を貰うために薬局に寄り、処方箋を渡してお薬とお薬手帳を受け取って帰宅。

 

かかった費用は保険適用で病院が約3000円と薬代が約600円(1週間分)
薬の金額については処方される薬によって異なるので人によってはもう少し高くなるかもしれません。

また、病院や症状によって様々な検査を行う場合もあるそうなので、お金は多めに持って行った方が良いかもしれません。

 


緊張などで言葉が上手く出てこなかったり何を言っているのか分からなくなったりきちんと伝えることができない事も多く、苦労した感じでした。

事前に伝えようと考えていたことを切り出すタイミングを逃して困っている症状や状態についてはほとんど話せずじまいだったので、そういったものは真っ先に伝えておいた方が良いかもしれません。

調子の良い時のことを主に話したのですが、正しく把握してもらうためにも調子や体調が悪い状態のこともきちんと伝えておく方が大切なのではないかということをその後しばらく通院してみて感じました。

 

 

 精神科メモ

  • 精神科を探す場合は検索サイトやGoogleマップなどで「精神科+(地域)」で検索
  • 保険証は忘れずに
  • ネットで問診票を用意している病院もあるので、問診票がどういうものなのか気になる場合は事前に確認しておくと良いかも
  • 病院に行くことが困難な場合は訪問診療を利用する方法も
  • 話せない場合は伝えたいことを書いた紙を手渡す方法も
  • 自立支援医療制度を利用することで自己負担額を軽減可能
  • 症状によっては精神保健指定医等の3年以上の従事経験のある医師の判断がないと自立支援医療を受けられない場合がある?
  • カウンセリングについては保険が効く病院と効かない病院がある

防犯登録をしました。

防犯登録をしました。

 

防犯登録とは自転車利用者に義務付けられている制度で、職務質問で盗難車に乗っていると疑われることを防いだりするなど、いざという時に役に立つものです。

 

外出用にネット通販で自転車を購入したのですが、購入店によると防犯登録は住んでいる地域で登録しなければならず、当店では行えないとのことだったので実店舗で防犯登録をすることに。

 

まず行ったのは大手の自転車販売店。
他店で購入した自転車の防犯登録を頼むのは心苦しかったので小物を購入するついでにレジにいた店員さんに防犯登録のことを尋ねると快く応じてくれたのでとりあえず一安心。
ですが、支払いを済ませて駐輪場に置いた自転車本体を見に行くという段階で突然店長らしき人が話しかけてきて「うちでは防犯登録は出来ない」と言われ、結局防犯登録は出来ずに小物だけ購入して帰宅。
ネットの口コミを見る限り同じ系列の店舗では他店購入の自転車の防犯登録を取り扱っているみたいでしたが、店舗や地域によって異なるようでした。

 

次に向かったのは交番。
意を決して恐る恐る入るもパトロール中だったのか留守。
机の上に連絡先が書いてあったのですが、さすがに電話しづらいので諦めて他の交番に向かったのですが、そこも留守。
他の日に最初に行った交番に行ったのですが、また留守。

 

何度も交番に行くのは精神的にきついので一度ホームセンターに行ってみたのですが、そこでも防犯登録は出来ず。
ホームセンターの人によると保証書や明細書があっても交番や店舗での防犯登録は無理だろうとのことでした。

 

仕方なく最終手段の警察署に向かうことに。
ただ、最寄りの警察署が自転車で向かうには少々遠いことと警察署内のどこに行けば手続きが出来るか分からないという不安があり極力避けたかったので、ダメ元で警察署に向かう途中にあった交番に寄ってみると運良く警察官を発見。

防犯登録をお願いしたいと伝えると交番でも出来るとのことだったので手続きをすることに。

 

警察官は高圧的で怖いイメージがあって防犯登録程度では嫌な顔をされるかもという不安があったのですが、そのようなことはなく丁寧な対応でした。終始敬語での対応で手続きも慣れた様子。
交番で防犯登録をする人は案外多いのかもしれません。
ただ、内心イライラしていたのか癖なのか何故かペン回しをしながらの対応でした。

 

緊張で足が震えるのを感じながら何とか手続きを済ませ、最後に自転車の防犯や防犯登録の説明を受け自転車に防犯登録シールを貼ってもらい、無事終了。

 

手続きの際に必要になったのは自転車本体、免許証、登録費の3つで保証書や明細書は不要でした。(地域によって異なる場合があるので念の為持って行った方が良いかも)

 

購入店以外での手続きは苦労する可能性があるので自転車を購入する場合は防犯登録を扱うネット通販サイトか実店舗で購入して買ったお店で直接防犯登録をしてもらった方が良いかもしれません。

お小遣いをもらうようになりました。

今月からお小遣いをもらうようになりました。

 

元々自分自身の為にお金を使わないことに慣れており、特に何かが欲しいと感じることがありませんでしたし、生活費を出してもらっているのでこれ以上何かを求めるのは申し訳ないという気持ちもあり、成人後はお小遣いを貰っていませんでした。


ですが、最近もう少し外に出たり色々なことを出来るようになれたらと思うようになり、その上でお金が必要不可欠であると思い交渉してみることに。

 

最初は取り合ってもらえませんでしたが、ひきこもりにはおこづかいを渡した方が良いという内容が書かれているサイトを見せながらお小遣いの必要性を説明して今よりも家事を行う量を増やしていく条件で何とか了承してもらいました。


お小遣いの金額は月に10,000円。

精神科に通院する費用などは自腹で、もしお小遣いが足りないのであれば必要に応じて増額するという形ということになりました。

ひきこもりお役立ちサイトリンク集

コミュニティ関連

無職.com

無職がテーマのコミュニティサイト。掲示板やチャット、日記など。

ひき☆スタ

神奈川県の委託を受けたNPO法人が運営するサイト。コミュニティやイベント情報など。運営者が許可した投稿のみ掲載。

mixi

国内最大級のSNS。ひきこもりがテーマのコミュニティあり。

 

就職関連

ハローワークインターネットサービス

厚生労働省による公共職業安定所

サポートステーションネット

若者向け就労支援サービス。各地のサポステの一覧など。

ジョブカフェ(METI/経済産業省)

若者向け就労支援サービス。各地のジョブカフェの一覧など。

ATARIMAEプロジェクト

障害者雇用促進に役立つ情報を提供しているサイト。各地の障害者就労・生活支援センター一覧など。

 

福祉・医療関連

みんなのメンタルヘルス

厚生労働省運営の心の病気に関するサイト。病気の情報や各地の医療機関、相談機関、支援情報など。支援や助成ページが充実。

WAM NET

福祉保健医療関連の情報サイト。障害者福祉サービスの一覧や各地の就労移行・就労支援施設、福祉事業所の一覧。

 

相談先関連

みんなのメンタルヘルス

心の病気関連の相談窓口一覧。

法務省人権相談窓口

差別や虐待など、さまざまな人権侵害に関する常設相談窓口。

いのちの電話

各地のいのちの電話の一覧。自殺を考えるほどの深刻な悩みの電話相談。