社交不安障害ひきこもりのさんぽ道

長期ひきこもりのブログ。2017年から精神科に通院中。

神社のお祭りに行きました。

郵便受けに入っていた地域の情報誌に近所にある神社のお祭りの情報が載っていたので行ってみました。

 

開始時刻より数分遅れて神社に入ったのですが、既に祭りがはじまっており、宮司さんが祈りのようなものをささげていました。
入ってすぐに本殿となっており、目の前に50人位の人の集まり。本来であれば本殿へ向かう前にお清め等をすべきだと思うのですが、重々しい空気でそのようなことが出来る雰囲気ではなかったので、来ていた人たちの近くにこっそりまぎれることにしました。

 

お祭りと聞いていたので何となく露天が並んでいてみんなで騒ぐような感じなのかなと思っていたのですが、そのようなお祭りではなく、とても真剣で私語をしたり歩き回ったり出来るようなものではありませんでした。
高齢の方が多く、あまり一般の方が来るような祭りではなかったようです。

 

宮司さんの祈りが終わると、神社の関係者の方が一人一人名前を呼ばれお参りをしていました。
それが終わると、「まだ参っていない人はお願いします」と言われたので、参拝に来られていた方はその場で頭を下げてお参りをしていました。私も他の人達にならってその場でお参りをしました。

 

その後は宮司さんの話。
春の祭りと夏の祭りは秋の豊作を祈るもの。秋の祭りは実りを感謝するものというような話や食事というのは他の生き物の命を食している、だから食べる時にいただきますと感謝しているというような話をしていました。

 

その後、代表者の方の話があり、話が終わると祭りは一区切りして休憩時間。
他の参拝者は知り合いが多かったようで話をしている方が多かったです。神社の方と和やかに話している方もいて、もしかすると一般的な祭りではなく大半が神社関係者の祭りなのでは……という印象でした。
休憩時間の後に舞か何かがあるということを言われていたのですが、立ちっぱなしで疲れていたことと、もしかして私だけ部外者なのではないかという不安が頭をよぎり、こっそり帰宅することにしました。

 

時間は40分ほど。
出来れば最後まで参加してみたかったのですが、一人きりでは心細く厳しかったです。


神社自体をゆっくり見て回ることが出来なかったので、いずれ祭りが無い時にでもゆっくり訪れてみようと思います。
いつか祭りの最後まで参加できれば良いのですが……。